介護施設・老人ホームの種類と選び方

介護事務ってどんな仕事?

 

介護事務とは、介護保険制度に基づいて本人負担額を計算したり、国や地方自治体に介護保険料を請求したりするのが主な仕事です。

 

現在、介護事務には民間の団体が認定する資格(「介護事務管理士」や「ケアクラーク」など)が多くありますが、資格の名称が変わっても基本スキルに大きな違いはありません。

 

介護保険制度は、2000年4月から始まり高齢者の方などが介護や生活支援が必要になった場合、その費用の90%(原則)を各市町村などの保険者や国が負担してくれる制度です。

 

介護を行った側は、介護サービス費用についての請求を出す必要があり、その保険請求をケアマネージャーやヘルパーの代わりに専門に行うのが介護事務の主な仕事です。

 

そのため、介護事業を運営している施設・病院では、「介護報酬請求業務」は必要不可欠な業務になります。

 

また、介護保険制度は仕組みが複雑で、利用者(特に高齢者)やその家族の中には利用していながらも制度をよく理解していない人が多いので、介護事務には、制度を分かりやすく説明することも求められています。

 

まさに縁の下の力持ちとして介護サービスを支えるやりがいのある仕事です。

 

参考サイト→介護事務の参考サイト

 

 
トップページ 入居までの流れ 有料老人ホーム