介護施設・老人ホームの種類と選び方

居宅介護サービスの種類

 

居宅介護サービスは、介護保険の要介護認定で要支援もしくは要介護とされた人が、在宅で利用できるサービスです。主な居宅介護サービスを以下でご紹介します。

 

【居宅介護支援】
 
居宅介護支援事業所に配置されたケアマネージャーが、介護保険から受けられる指定居宅サービスや特例居宅介護サービスなどの紹介、様々なサービスの調整、居宅支援にかかるサービス費の計算や請求などを要介護者の代わりに行います。
 
また、ケアプランの作成や、サービス提供事業者などとの連絡調整、介護認定申請の代行など利用者の依頼により各種相談支援を行います。
 
【訪問介護】
ホームヘルパーなどが家庭を訪問し、入浴、排泄、食事などの身体的介護、調理、洗濯、掃除などの生活援助、その他の生活に関する相談・助言など日常生活のお世話をします。
 
【訪問看護】
病状が安定期にある人に、看護士などが家庭を訪問して療養上の世話や必要な診療の補助を行います。
 
【訪問入浴】
居宅を車で訪問し、組み立て式の浴槽を提供して入浴の介護を行います。
 
【通所介護】

デイサービスセンターなどに送迎し、健康状態の確認、機能訓練(リハビリ)、 入浴、食事などのサービスを行います。
 
【通所リハビリテーション】
通院が困難な要介護者に対して、計画的な医学的管理を行っている医師の指示に基づき理学療法士、作業療法士または言語聴覚士が、居宅を訪問して療養上のサービスを行います。 

 

【短期入所生活介護】
短期間、施設(介護老人福祉施設など)に入所して入浴、排泄、食事などの介護、その他の日常生活上の世話や機能訓練を行います。
 
【短期入所療養介護】
短期間、施設(介護老人保健施設など)に入所してもらい、看護、医学的管理下における介護および機能訓練、その他必要な医療並びに日常生活上の世話や機能訓練を行います。
 
【福祉用具貸与・購入】
要介護者などの日常生活の便宜を図るための福祉用具や機能訓練のための福祉用具の貸し出し、もしくは特定の福祉用具を購入してもらいます。(同一年度内の限度額は10万円まで)
 

 

有料老人ホーム選びは60歳前後から!

 

 

今や介護の必要な期間が10年以上になる超高齢化社会の日本では、近い将来三人に一人が有料老人ホームに入居するようになるでしょう。

 

このような現状で入居の必要性がでてから慌てて探し出すようではとても遅すぎます。

 

その上、実際の有料老人ホーム選びは誇大広告なども氾濫しており、訪問するにも施設数が多いため非常に難しくなっています。

 

有料老人ホームの勉強・見学を始めるのであれば60歳前後の若いうちに始めましょう。
それが、充実した老後を送るための第一歩です。

 

では、どうすれば失敗せずに有料老人ホームを選ぶことができるのでしょうか。

 

このサイトはそんな悩みを持っているあなたのためのものです。ぜひ参考にしていただき、後悔しない有料老人ホーム選びをして、家族も介護者も両方充実した人生を送りましょう。

 


 

 
トップページ 入居までの流れ 有料老人ホーム