介護施設・老人ホームの種類と選び方

サービス付き高齢者向け住宅

 

【バリアフリー構造の賃貸住宅】
サービス付き高齢者向け住宅とは、高齢者を支援するサービスを提供する賃貸住宅です。バリアフリー構造等を有し、介護・医療と連携し、日常生活や介護に不安を抱く「高齢単身・夫婦世帯」のために、住み慣れた地域で、安心して暮らすことが可能になるよう、国土交通省・厚生労働省の共管として創設されました。

 

特別養護老人ホームや有料老人ホームに次ぐ、老後の住まい方の新たな選択肢のひとつとして期待されています。
2011年10月20の改正法施行により「高齢者専用賃貸住宅」「高齢者向け優良賃貸住宅」は「サービス付き高齢者向け住宅」へ一本化されました。まだ絶対数はそれほど多くありませんが、徐々に増えつつあり、提供されるサービスのバリエーションも広がってきています。

 

有料老人ホーム選びは60歳前後から!

 

 

今や介護の必要な期間が10年以上になる超高齢化社会の日本では、近い将来三人に一人が有料老人ホームに入居するようになるでしょう。

 

このような現状で入居の必要性がでてから慌てて探し出すようではとても遅すぎます。

 

その上、実際の有料老人ホーム選びは誇大広告なども氾濫しており、訪問するにも施設数が多いため非常に難しくなっています。

 

有料老人ホームの勉強・見学を始めるのであれば60歳前後の若いうちに始めましょう。
それが、充実した老後を送るための第一歩です。

 

では、どうすれば失敗せずに有料老人ホームを選ぶことができるのでしょうか。

 

このサイトはそんな悩みを持っているあなたのためのものです。ぜひ参考にしていただき、後悔しない有料老人ホーム選びをして、家族も介護者も両方充実した人生を送りましょう。

 


 

 
トップページ 入居までの流れ 有料老人ホーム