介護施設・老人ホームの種類と選び方

介護保険とは

 

【みんなで支える介護保険】
介護保険法は、平成12年(2000年)4月に施行された法律です。
わかりやすく言うと「介護を必要とする高齢者の、治療や介護等にかかる負担(費用、家族介助、福祉施設利用料等)を社会全体で支えよう」という保険制度です。制度維持のために5年毎の制度見直しが制定されています。

 

【公的と民間がある】
公的介護保険と民間介護保険があり、民間介護保険の保障内容には介護一時金や介護年金などがあります。
公的な介護保険には加入や給付を受ける為に高齢者に限る等の条件があり、40歳を超えた人は加入する義務があります。
民間の介護保険の加入条件は各社の定めた年齢等によるので、20代からでも加入することができる介護保険もあり、自由に加入するかを決めることができます。
また、給付の形態も公的な介護保険が介護サービス等で受けることに限られているのに対して民間の介護保険では現金にて支給されることもあります。

 

【被保険者とは】
被保険者とは、「介護保険制度を利用する人」のことをいいます。
介護保険制度を利用するにはいくつか条件があります。
まず制度を利用しようとする人が自分の住民票のある地域に住んでいることが条件になります。
次に介護保険料を支払っている必要があります。また高齢者とひとくくりに言いましても年齢による制限(第1号被保険者、第2号被保険者)がありますし、さらにその人の日常生活を送る上で介護を必要とする度合い等により、介護保険を受けられるか詳細に規定があります。

 

【介護保険の利用には要介護認定が必要】
介護保険のサービスを受ける為には要介護者として認定される必要があります。家族や自分では介護や支援が必要だと思っていても、要介護の認定を受けれなければ介護保険のサービスを受けることはできません。
サービスを受けられる要介護認定区分としましては、大きくわけて要介護、要支援、特定高齢者(要介護非該当に含まれる)の3つに分類されます。

 

有料老人ホーム選びは60歳前後から!

 

 

今や介護の必要な期間が10年以上になる超高齢化社会の日本では、近い将来三人に一人が有料老人ホームに入居するようになるでしょう。

 

このような現状で入居の必要性がでてから慌てて探し出すようではとても遅すぎます。

 

その上、実際の有料老人ホーム選びは誇大広告なども氾濫しており、訪問するにも施設数が多いため非常に難しくなっています。

 

有料老人ホームの勉強・見学を始めるのであれば60歳前後の若いうちに始めましょう。
それが、充実した老後を送るための第一歩です。

 

では、どうすれば失敗せずに有料老人ホームを選ぶことができるのでしょうか。

 

このサイトはそんな悩みを持っているあなたのためのものです。ぜひ参考にしていただき、後悔しない有料老人ホーム選びをして、家族も介護者も両方充実した人生を送りましょう。

 


 

 
トップページ 入居までの流れ 有料老人ホーム