介護施設・老人ホームの種類と選び方

住宅型有料老人ホーム

 

[施設スタッフが介護サービスを提供することはありません]
介護保険の「特定施設入居者生活介護」の認定を受けていない有料老人ホームです。
施設スタッフが提供するのは食事サービスと、緊急時の対応などの日常的な生活支援だけで、施設スタッフが介護サービスを提供することはありません。
一般型の介護付き有料老人ホームの次に多いのがこのタイプの施設です。

 

[介護付き有料老人ホームと何が違うの?]
介護付き 有料老人ホームとの大きな違いは、介護付はそのホームの介護サービスを利用しますが、住宅型は、外部の介護サービスを利用する点が異なります。
外部の介護サービスは基本的に自分たちで選びますが、中にはそのホームと提携している事業者以外にはサービスを依頼しづらい場合もありますので、事前に事業者を自由に選べるかを確認しておくことも大切になります。

 

[どんな人が入れるの?]
基本的には要介護(要支援)の認定を受けていないことを入居基準としているホームが多いです。
しかし、要介護の認定を受けていても入居できるホームも増えています。

 

[介護が軽度であればお得]
外部の介護サービスを利用する場合は、介護が軽度であれば介護を受けた分だけの費用がかかるので、費用を抑えられますが、介護が重度になればなるほど、費用がかかるというデメリットもあります。
また、施設によっては入居時に入居金がかかる場合もあり、その他に「居住費+光熱費+管理費+食費」等の費用がかかります。当然、施設によってそれぞれの費用は異なりますので、契約前に細かく確認しておくことが大切です。

 

 

有料老人ホーム選びは60歳前後から!

 

 

今や介護の必要な期間が10年以上になる超高齢化社会の日本では、近い将来三人に一人が有料老人ホームに入居するようになるでしょう。

 

このような現状で入居の必要性がでてから慌てて探し出すようではとても遅すぎます。

 

その上、実際の有料老人ホーム選びは誇大広告なども氾濫しており、訪問するにも施設数が多いため非常に難しくなっています。

 

有料老人ホームの勉強・見学を始めるのであれば60歳前後の若いうちに始めましょう。
それが、充実した老後を送るための第一歩です。

 

では、どうすれば失敗せずに有料老人ホームを選ぶことができるのでしょうか。

 

このサイトはそんな悩みを持っているあなたのためのものです。ぜひ参考にしていただき、後悔しない有料老人ホーム選びをして、家族も介護者も両方充実した人生を送りましょう。

 


 

 
トップページ 入居までの流れ 有料老人ホーム